株式会社内部監査

 沖縄、奄美に続き、関東甲信が梅雨入りするという変則的な今年の梅雨ですが、各地では局地的な豪雨も発生しており、今後大きな被害が出なければいいなと思います。

 さて、コロナ禍も3年が経過して、その対応にもそれなりの経験値が蓄積されてきたようです。当方は昨日、自宅近くの有名焼き鳥チェーン店に行ってきましたが、コロナ対策もしっかりできており、ほぼ満席の状態でしたが、安心して食事やお酒を飲むことができました。やはり外での飲食は楽しいもので、久しぶりの外食を満喫できました。

 コロナ対応、ウクライナ対応と国家機構の危機管理が問われている現在のわが国ですが、この経験を踏まえて少しは国家の仕組みが変わったのでしょうか。国家の基本法である憲法は相変わらずと言っていいほどこの変化時代に遅れること半世紀、緊急事態に対応できる法体系の整備は全くと言っていいほど手つかずのままです。平和念仏を唱えることが全てという人たち、それも政治家や法曹といった責任主体が全く危機感がないといってもよい現状を何とかできないものかと思うのは私だけなのでしょうか。

 国家の統治システムと同様に、「基本的なルールに基づく内部統制、内部管理態勢の整備・構築」は組織体の内部統制の原則であり、その基本中の基本は、「ルールや組織の整備」と「これに基づく適切な運用」にあります。国でいえず「法治原則」にあたります。当社は、内部監査やコンサルティングを通じて、組織体に付加価値を提供するため、「あるべき姿」としての「ルールの整備・運用」の有効性・効率性を検証していますが、この仕組みが適切に機能している組織体は多くありません。危機管理についていえば、災害時のBCPの策定を適切に行っている組織体はまだ少なく、行き当たりばったりの状況はどこかこの国の統治機構の縮小模型のように感じます。言うは易く行うは難し。当社も有言実行の精神でこれからも業務に邁進していきます。 (代表 渡邊 6月13日)

   

弊社は、活力と資格・経験のあるシニアとともに、これまでの各種経験を活用して輝かしいシニアの活躍の場を提供するために努力していきます。

 

 

 

 

 

※お客さまとのやり取りの中で得た個人情報は、お問い合わせへの回答や当社業務に関する情報提供に利用致します。その他の目的に使用する場合はその都度明示します。また外部からの侵入、内部関係者による個人情報の漏洩がないよう予防と管理の徹底に努めます。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。また、内部監査業務でお預かりした資料等は業務終了後は迅速に廃棄し、廃棄確認書をお出ししています。

お問い合わせ先

ご注意 売り込みなどのメールには返信いたしません。

naibukansa@naibu-kansa.co.jp

 

 

お知らせ

■当社では、原則として在宅、時差出勤体制で業務を行っております。引き続きまして、連絡はできるだけメールでお願いします。

  ご注意 売り込みなどのメールには返信いたしません。

 ⇒naibukansa@naibu-kansa.co.jp

■内部監査を一緒に実施していただくメンバーを募集しています。ホームページの「登録メンバー募集」欄記載のアドレスにお問い合わせ下さい。


 

弊社の仕事

内部監査業務以外に職業紹介業務も行っています。

■各種専門職(内部監査・コンプライアンス経験者、医療・福祉専門資格者など)の職業紹介事業(許可番号13-ユ-311105)

■なお、監査業務多忙のため、保険代理店業務、不動産業務は当面中止とさせていただいております。