株式会社内部監査

早くも9月の後半に入り、上半期も終わりにさしかかりました。夏の日差しがウソのような肌寒さも感じられるこの頃ですが、内部監査業務の進捗状況はいかがでしょうか。

コロナ禍で、内部監査の実地ヒアリングができず、テレビ会議形式で実施されている企業も多いと思われます。確認資料はファイルベースで取り寄せして確認できますが、資料が大量になる場合は、なかなか現物確認が難しいこともあります。

ただ、最近の内部監査は従来型の現物確認中心の準拠性監査から、コンサルティングへ移行しつつありますので、現物確認しなければならないケースはあまりありません。内部管理態勢の実情を一番知っている被監査部門の自己評価をベースに「なぜ、なぜ」の積み重ねにより課題を自ら発見してもらうことで、内部監査の付加価値を高める絶好の機会が到来したと思えば、「コロナ禍を福となせる」のではないでしょうか。

 

 

   

弊社は、活力と資格・経験のあるシニアとともに、これまでの各種経験を活用して輝かしいシニアの活躍の場を提供するために努力していきます。

 

 

 

 

 

※お客さまとのやり取りの中で得た個人情報は、お問い合わせへの回答や当社業務に関する情報提供に利用致します。その他の目的に使用する場合はその都度明示します。また外部からの侵入、内部関係者による個人情報の漏洩がないよう予防と管理の徹底に努めます。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。また、内部監査業務でお預かりした資料等は業務終了後は迅速に廃棄し、廃棄確認書をお出ししています。

お問い合わせ先

 

naibukansa@naibu-kansa.co.jp

 

 

お知らせ

■当社では、原則として在宅、時差出勤体制で業務を行っております。連絡はできるだけメールでお願いします。

 ⇒naibukansa@naibu-kansa.co.jp

■内部監査を一緒に実施していただくメンバーを募集しています。ホームページの「登録メンバー募集」欄記載のアドレスにお問い合わせ下さい。


 

What's new

内部監査業務以外にもいろいろ取り組みを行っています。

保険事業ホームページ  http://hoken.naibu-kansa.co.jp/

■各種専門職(内部監査・コンプライアンス経験者、医療・福祉専門資格者など)の職業紹介事業(許可番号13-ユ-311105)